アマラント石(Amarantite)


Santa Elena Mine, La Alcaparrosa, San Juan, Argentina
Fe3+2(SO4)2O・7H2O
画像幅 5mm

写真中のオレンジ色の部分がアマラント石である。黄緑色の部分はコピアポ石(Copiapite)、色の濃い部分はバトラー石(Butlerite)である。

かなり単純な鉄の硫酸塩鉱物の1つである。1888年に発見された、かなり古い歴史の鉱物である。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system