カファス石(Cafarsite)


Wanni glacier - Scherbadung Mt. area, Kriegalp Valley, Binn Valley, Wallis, Switzerland(原産地)
Ca8(Ti,Fe2+,Fe3+,Mn)6-7(AsO3)12・4H2O
標本幅 6mm

カファス石は、この産地で1966年に発見された珍しい鉱物である。

砒酸塩鉱物は多数発見されているが、砒酸塩基より酸素が1個少ない亜砒酸塩鉱物は、全部で39種類しか発見されていない珍しい鉱物である。このうち、他の陰イオンを含まず、結晶水を含む鉱物はわずか4種類しかない。カファス石はそのうちの1種類である。

カファス石は等軸晶系に属し、多くは切頂六面体の結晶となる。また、八面体または立方体に近い結晶になる場合もある。大抵は黒色の結晶で産出するが、条痕は黄褐色である。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system