チェネヴィックス石(Chenevixite)


Volcano-Sunnyside Mine, Alum Gulch, Harshaw District, Patagonia Mts, Santa Cruz Co., Arizona, U.S.A.
Cu2Fe3+2(AsO4)2(OH)4
標本幅 14mm

写真中の緑色の鉱物がチェネヴィックス石である。

チェネヴィックス石は銅と鉄の砒酸塩鉱物である。元素そのものは珍しくないが、標本はあまり出回らない。これは、チェネヴィックス石の多くが皮膜状で、ルーペでも目に見えるほど大きな結晶にならないからである。チェネヴィックス石の色は銅にちなむが、鉄も含まれているために強い緑色にはならない。

名称はアイルランドの化学者リチャード・チェネヴィックス(1774頃〜1830)にちなむ。ならばチェネヴィックス石と呼ばれるのが常であろうが、和名は「シェネビ石」と呼ばれる事が多い。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system