方輝銅鉱(Digenite)


秋田県鹿角郡小坂町古遠部鉱山大黒沢東鉱床
Cu9S5
標本幅 37mm

写真中の黒い脈中に方輝銅鉱が含まれている。脈の主成分は輝銀銅鉱(Stromeyerite)であり、古遠部鉱(Furutobeite)も含まれている。

銅と硫黄のみで構成された鉱物であるが、その比は単純なものではない。銅と硫黄の鉱物は全部で9種類ある。その中の阿仁鉱(Anilite)は、X線で分析しようと粉末にすると、この方輝銅鉱に変化することから、方輝銅鉱は少なくとも阿仁鉱よりは安定な領域であるらしい。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system