ゲルハルト石(Gerhardtite)


Dzhezkazgan Mine, Dzhezkazgan, Karagandy Province, Kazakhstan
Cu2(NO3)(OH)3
画像幅 7mm

写真中の緑色の部分がゲルハルト石である。青い部分はリカシ石(Gerhardtite)である。

ゲルハルト石は、たった12種類しかない硝酸塩鉱物の1つである。硝酸塩鉱物の標本はそこまで出回っておらず、ゲルハルト石は産出が珍しい。硝酸銅の組成を持つ。

ゲルハルト石の結晶はきわめて細かく、ほとんど皮膜状に見える。これはリカシ石の球状集合とは形態が異なる、また、リカシ石とは色が異なるために、組成が似ているがこの点でも区別が付く。

ゲルハルト石の同質異像の鉱物にロウア石(Rouaite)がある。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system