ヘミヒドライト(Hemihedrite)


Florence Mine, Ripsey District, Pinal Co., Arizona, U.S.A.(原産地)
Pb10Zn(CrO4)6(SiO4)2F2
画像幅 5mm

写真中の黄褐色の結晶がヘミヒドライトである。この産地で1967年に発見された珍しい鉱物である。

組成は鉛と亜鉛のクロム酸塩鉱物である。組成中に珪酸塩を含むが、クロム酸塩の方が多いのでクロム酸塩鉱物に分類される。この標本のヘミヒドライトは方鉛鉱から生じたものである。

鉛のクロム酸塩鉱物であるフェニクロコアイト(Phoenicochroite)を伴うこともある。ヘミヒドライトはオレンジ色に近い色であるのに対し、フェニクロコアイトは赤いので区別が出来る。

亜鉛を銅で置換すればイラン石(Iranite)になる。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system