ジュオニ石(Juoniite)


Iron Mine, Kovdor Massif, Kola Peninsula, Russia(原産地)
CaMgSc(PO4)2(OH)・4H2O
画像幅 6mm

写真中の茶色い球体がジュオニ石である。スカンジウムを含む珍しい鉱物である。
この産地で1996年に発見されたもので、現在、世界唯一の産地である。

ジュオニ石は、コラ半島にあるゴブドール貫入岩体に産出する。ゴブドール貫入岩体は、他の貫入岩体と違い、輝岩や橄欖岩など、超苦鉄質岩を多く含んでいる。Iron Mineの名前の由来は、この岩石の中に磁鉄鉱が多く含まれるからである。ジュオニ石は、この中のカーボナタイトからなる部分の、苦灰石の空隙に、他のマグネシウムを含む燐酸塩と共に産出する。

なお、ジュオニ石の和名は英語読みであり、ロシア語読みでは「ユオニ石」や「ヨーナ石」となる。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system