キノ石(Kinoite)


Christmas Mine, Christmas, Christmas area, Banner District, Dripping Spring Mts, Gila Co., Arizona, U.S.A.
Ca2Cu2Si3O8(OH)4
画像幅 9mm

青い色が特徴のキノ石は、カルシウムと銅の珍しい珪酸塩鉱物である。
キノ石は現在はここの産地のものが良く出回っている。母岩は大理石である。青色の原因は含まれる銅イオンによるものである。
キノ石はほぼ必ず魚眼石(Apophyllite)に伴って産出する。キノ石がキラキラ輝いて見えるのは、キノ石を包んでいる魚眼石のせいで、キノ石自体には強い光沢はない。魚眼石からキノ石の結晶が露出して見えることは珍しい。

日本では2000年になって、岡山県布賀から産出の報告がある。

名前はアリゾナの牧師で探検家のEusebio Francisco Kino(1645〜1711)に由来する。若い方にならピンと来るかもしれないが、某小説の主人公とは関係ない。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system