草地鉱(Kusachiite)


岡山県高梁市備中町布賀四番坑(原産地)
Cu2+Bi3+2O4
標本幅 1.5mm

写真中に2ヶ所ある黒っぽい点が草地鉱である。この産地で1995年に発見された、日本産新鉱物である。
方解石中に黒い短柱状結晶や、その球状集合として産出する。結晶の大きさはどんなに大きくても0.5mmで、球状集合も2mm以下であるという。この標本も結晶しているものの、小さすぎてこれが撮影限界である。
銅の亜ビスマス酸塩鉱物で、今のところ布賀以外での産出の報告はない非常に珍しい鉱物である。亜ビスマス酸塩鉱物も、草地鉱一種類しかない。
塩酸に容易に溶ける。

名前は、長年布賀の研究をしてきた岡山大学の草地功(1942〜)に因む。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system