ムオニオナルスタ隕石(Muonionalusta meteorite)


Kitkiojarvi, Pajala, Norrbotten, Sweden
標本幅 32mm

ムオニオナルスタ隕石は、オクタヘドライトに分類される鉱物である。

スウェーデンで1906年に発見された隕石で、ウィドマンシュテッテン構造がはっきり見える典型的な隕鉄である。人気が高い隕石だが、北極圏に落下した隕石のため、有名なギベオン隕石などと比べると市場に少ない隕石である。

この標本の特徴は、中央に大きなトロイリ鉱(Troilite)があることである。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system