プラットナー石(Plattnerite)


Christiana Mine, Kamariza Mines, Agios Konstantinos, Lavrion District Mines, Lavrion District, Attiki Prefecture, Greece
PbO2
画像幅 11mm

写真中の黒い針状結晶がプラットナー石である。

ルチルと同構造の、二酸化鉛という単純な組成の鉱物である。柔らかそうなイメージがあるが、硬度は5.5と比較的硬い。塩酸には簡単に溶けて、塩素を発生させる。また、290℃まで過熱すると、酸素と一酸化鉛に分解する。

プラットナー石は正方晶系だが、二酸化鉛には斜方晶系のものもある。これはスールチニ石(Scrutinyite)という名前の鉱物で、1988年に発見されている。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system