マンガノパンペリー石(Pumpellyite-(Mn2+))


高知県香美市土佐山田町上穴内穴内鉱山鳳ノ森坑
Ca8(Mn2+,Mg)4(Al,Mn3+)8Si12O44-x(OH)12+x (x=0-4)
画像幅 8mm

写真中の黒い部分がマンガノパンペリー石である。オホーツク石(Okhotskite)と混ざり合っている。「マンガンパンペリー石」という和名もある。
マンガノパンペリー石は、山梨県落合鉱山で1980年に発見された、日本産新鉱物である。現在では世界中に産地があるが、報告はそこまで多くは無い。

マンガノパンペリー石が含まれるパンペリー石グループは10種類の鉱物を含む。詳しくはオホーツク石を参照。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system