サーコプサイド(Sarcopside)


Sapucaia Mine, Sapucaia do Norte, Galileia, Doce valley, Minas Gerais, Southeast Region, Brazil
(Fe2+,Mn2+,Mg)3(PO4)2
標本幅 26mm

写真中の層構造のうち、薄い褐色の部分がサーコプサイドである。茶色の濃い部分はヘテロス石(Heterosite)である。

鉄の燐酸塩鉱物で、単純だが珍しい鉱物である。これは、サーコプサイドが、燐酸塩の元として消費されやすい鉱物だからである。

サーコプサイドは、橄欖石と同じ結晶構造である。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system