セッラ石(Sellaite)


Suranskoe deposit, Bashkiria, Ural, Russia
MgF2
標本幅 17mm

写真中の白色針状結晶がセッラ石である。
マグネシウムの単純なフッ化物の鉱物で、構造は金紅石(Rutile)と類似している。
水にわずかに溶ける。硬度は5とやや高い。

たまに透明な結晶が産出し、ルースに加工されることがある。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system