ショート石(Shortite)


Poudrette quarry, Mont Saint-Hilaire, Rouville RCM, Monteregie, Quebec, Canada
Na2Ca2(CO3)3
標本幅 21mm

写真の白色から緑色の部分がショート石である。

無水炭酸ナトリウムカルシウムという組成式を持つ。無水炭酸ナトリウムを含む炭酸塩鉱物は意外と少ない。ショート石もあまり多くは無い鉱物であるが、稀に透明結晶も産出するので、宝石としてカットされることがある。ただし硬度は3なので、あまり加工されることもない。斜方晶系なので柱状の結晶が多い。

200℃以上に加熱すると静電気を帯び、600℃以上に加熱すると融けながら分解するらしい。後者の性質は、単体である炭酸ナトリウムと炭酸カルシウムがそれぞれ800℃以上で解けたり分解することからも予測はつく。

紫外線で薄い琥珀色に蛍光することもあるらしいが、あいにく私の標本は蛍光しなかった。

鉱物一覧へ戻る

英名順一覧へ戻る

TOPへ戻る

inserted by FC2 system